2011年04月18日

南信州で春満喫♪

先日、仕事で南信州へ車(セダン)
頻繁に行っているので、特にそれ自体は珍しいことでは
ないのですが・・・

こんなに通っていて、実は「桜」の時期に行くのは初めてるんるんるんるんるんるん

で、飯田市、JAみなみ信州の皆さんのご配慮で、
「桜守」までつけていただいて、午前中は2時間の桜ツアーを!


南信州には、樹齢300年以上の桜が数多くあり、
名所もたくさん!!

一番最初に見た桜はこちら↓@増泉寺
P1070686.JPG
樹齢推定270年のシダレザクラです。

いきなりのこの迫力、そして何とも艶っぽい姿に、
ただただ感動・・・

立派な枝は地面についてしまうほどです・・・↓
P1070691.JPG



こちらは、「夫婦桜」@桜丸。
P1070701.JPG

樹齢推定400年!

1本の桜の木のようにも見えますが、よく見ると、左がシダレザクラ、
右がエドヒガン・・・別々の2本の桜なんです。


諸説あるそうですが、別々に植えた2本の桜が、長年かかり、
木の根元がこうしてくっついたのだとか。

この2本の木を眺めていて、
「まさに夫婦(めおと)だわひらめき
と声を上げた私。

ナゼって?

だって、

この2本の桜、はじめは別々の木だったわけでしょ。
それが長年一緒にいるうちに根元がくっついて、まるで1本の木のよう・・・

そうなったら、もう離れようにも離れられず、
添い遂げるしかない!と覚悟を決め・・・

でも、なんとなくこの2本の桜、そっぽ向いてるようにも見える(笑)
でも、しっかりと別の種類の桜なわけで=「個」としても生きてる。

しかーし、(ここからは完全なる私の妄想です)

根っこはきっともう絡み合ってて、
どっちかが他へ行こうとしたら、切れてしまう=死んでしまうんです。きっと。

だからこうして、一緒に添い遂げるしかないのだと、
2人、いや2本の木は覚悟を決めたのではないかと。。。

深くないですか?目
桜の木が、人生を語っています。

と私は思いました。


この後、4箇所の桜スポットを見てまわり、
ランチの後、午後は野菜の生産者さんの畑を訪問。

温かいおもてなしにも出会い、
濃厚な1日を過ごしました。

お世話になった皆さん、本当にありがとうございましたm__m


今回は、FM愛知ラジオのアナウンサーであり、野菜ソムリエとしても
活動を展開している川本えこさんと一緒に行ったのですが、
P1070694.JPG

えこさんのブログに当日の様子が詳しく書かれていますので、
詳細はそちらをご覧ください! (と、サボルワタシ^^;)

こちらからどうぞ→「川本えこオフィシャルブログ

あと、今回まるっとお世話になったJAみなみ信州、飯田市が運営する
「南信州ファームプロダクツマーケット」@覚王山 のブログにも
アップされてます。

そちらもどうぞ→「南信州ファームプロダクツマーケット 店長ブログ
posted by yuko at 23:41| Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: