2011年12月08日

東京⇔名古屋往復の日々

ここのところ東京出張が続いております新幹線
ミーティングと移動の連続でめまぐるしい日々ですが・・・
モリモリ食べて、モリモリ働いております手(チョキ)

先日は、ランチミーティングで「kurkk3@表参道ヒルズ」へ。
最近またメディアで取り上げられているので、ご存知の方も多いと思いますが、
クリエイター集団が神宮エリアに展開するプロジェクト「kurkku(クルック)」が
展開する店の1つです。
P1030013.JPG
店内の雰囲気は、カジュアルで、ほど良い抜け感もあってよいかと。

食事は、定番のそばランチ(野菜そばバージョン)をいただきましたが↓
P1030015.JPG

正直、がっかりでした。。。

狙いたい方向性は分かるんだけど、
メニューへの落とし込み、現場のオペレーションとの
ギャップを感じます。「言うや易し行うは難し」ですね。
ホント、実際に形にするのは難しい。。。
反面教師です手(パー)



この日の夜は、東京の食関係者の間では良く知られた
食通夫妻と食事をご一緒しまして・・・

夫妻に予約いただいたお店、
渋谷にあるビストロ「Coeur(クール)」へ↓
P1030009.JPG

夫妻は世界中を旅していて、食に精通しています。
そんな夫妻が、「プライベートでフレンチ食べるならこの店」
と言っていたので、食事の前から期待満々の私グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

素材へのこだわりはもちろん、調理法や火加減も絶妙というので、
夫妻のオススメを網羅すべくレストラン

まずは、自家製のパテからスタート↓
P1010997.JPG

も1つ↓
P1010998.JPG

マグロのカルパッチョ仕立てのサラダ↓
P1010999.JPG

そしてメインの鹿肉↓
P1030001.JPG
私が今まで食べた中で、一番おいしい鹿肉でした。
鹿肉って、料理の仕方でこんなに違うんだひらめきと感激るんるん

メイン2つ目の鴨肉↓
P1030002.JPG

私は鴨肉大好きですが、こちらも火加減といい、
味付けといい、最高でしたるんるんるんるん

と、ここまで食べるとさすがの私も満腹っふらふら

「ではデザートワインに移りましょう」ってことで、
シェフと話がしやすいカウンター席へ移動した私たちバー

と、その時、別テーブルにいた男性陣がモンブランを
注文しているのが聞こえてきました耳
しかも、、、「これだけはシェアできないから、一人一個ね」

なぬ耳耳耳あせあせ(飛び散る汗)




「私も1個くださーいわーい(嬉しい顔)
・・・別腹は確実に存在するのだと、折々に体感する私です。。。


カウンター席から、シェフが手際よく作り上げていく様を観察目ハートたち(複数ハート)
気持ちよいほど無駄な動きがなく、まるで寿司職人さんのよう。
P1030003.JPG


登場したモンブランがこちら↓
P1030004.JPG
見た目はシンプル。

でも中には・・・
P1030005.JPG
おっきな栗がゴロゴロ、それとアイスクリームるんるん
しかもバニラとほろ苦いキャラメルの2層ではありませんかグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
一番下には軽くてサックサクの食感のメレンゲ。

もう最後の最後で、テンション上がりまくりですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

純粋な栗のおいしさを生かしたモンブラン。
そこに遊び心や、食感の違いが楽しく融合して、
記憶に残るモンブランぴかぴか(新しい)でした。


こちらは夫婦二人で経営するこじんまりしたお店ですが、
料理は一流です。

「このお店がもっと大規模なお店(リストランテ)なら、
確実に倍から3倍は取れるお店だよね」と夫妻。

納得。こういうお店こそ、我々客にとっては嬉しい存在です。
食好きなら、必ず気に入るお店だと思います。
ぜひに~


この日、私は最終新幹線で、名古屋へ新幹線

私の前には中国人夫婦(たぶん夫婦)目
せっせと棚の上に荷物を上げていますが・・・
P1010942.JPG
これ全部、ビックカメラの袋。しかも特大サイズ。

わお。。。ニュースではよく見ますが、こうして目の当たりにすると、
なんか、迫って来るものがありますあせあせ(飛び散る汗)

中国人の購買力(欲)を目の当たりにした夜でした三日月
posted by yuko at 20:27| Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: