2012年06月20日

仕事と思うな、人生と思え

起業して3年目、だったと思います。
この言葉に出逢った時、ハッとしました。
そしてそれ以来、折々にこの言葉を反芻しています。

と同時に、
自分が信念を持って取り組んでいることを肯定された、
そんな気持ちにもなりました。


「仕事とは?」という問いに対する答えは、人それぞれだと思います。

私にとって仕事とは、まさに人生そのもの。
仕事を通して、自分の存在意義を確認している、そんな感じです。

だから、
仕事を「適当」にすれば、
人生を「適当」にやり過ごしていることになる。

「仕事」と捉えると耐えがたいことも、
「人生をつくり上げるための一部」と捉えれば、
不思議と、乗り越える気力や勇気が湧いてくる。


今の私の生活は、1日のうちの大半の時間を仕事に費やしている。
だから、そこが中途半端じゃ、あまりに寂しい。

誤解なきように言っておきますが、
何も「仕事が全て」と言っているわけではありません。
それは人それぞれですから。

人生のライフステージごとに、「仕事」の位置付けも変わるでしょうし、
優先順位も変わるでしょう。
むしろ、変わる方が自然だと思っていますし、
必要な時にそれらを変えられる柔軟性を持ち合わせる自分でありたい、
そう思っています。女性の場合、結婚や出産といった大きなステージの
移り変わりもありますからね。


ただ、今しばらくは、
どうしても達成したい目標に向かって・・・
私を信じて仕事を依頼してくださるクライアントのため・・・
私を支えてくれる家族や恩人のため・・・

「仕事と思うな、人生と思え」 と
自分の立ち位置を確認しながら、
邁進していきたいと思います。
posted by yuko at 20:57| Comment(0) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: