2013年05月15日

成長を続けるには…

「耳の痛いことを言ってくれる人をまわりに何人持てるか。
大人になっても成長を続けられるかどうかは、それで決まるよ。」

20代の頃、兄貴(と私が呼ぶ先輩)にそう言われた。
今になって、その意味が分かるようになってきた。

特に、起業してからは自分がトップの立場で、
誰にも注意を受けることなくやれてしまう。

やもすると勘違いしたり、得意になったり、
気づかぬうちに良からぬ方向に行く可能性もある...
 
茶道を始めた理由の1つも、自分が常に「見習う」立場で、
叱られる場を持っておきたかったから。



 「今の私には、耳の痛いことを言ってくれる人、何人いる?」

1, 2, 3, 4, ...
時々確認する(笑)


昨晩は、その中の貴重なひとりと、名古屋で食事をした。

遠方にいるので、たいてい彼の出張時につかまえるのだが、
たまにしか会わないのに、まるでそれまで過ごした時間も全部見ていたかの如く、
遠くから俯瞰して、的確な指摘やドキリとするアドバイスをくれる。
私がぶれそうになっていると、耳の痛いことも。

今年初の稚鮎や山菜の天婦羅に舌鼓を打ちながら、
深い時間が流れた。

945264_10200610575979192_1758519915_n.jpg
 
posted by yuko at 22:05| Comment(0) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: